ミカルディスのアンジオテンシン受容体への作用

ミカルディスについて考える男性

高血圧の治療薬にミカルディスというのがあります。この薬は、体内のアンジオテンシン受容体に働く成分により、血圧を下げる働きがあります。ここでは、そのしくみを解説します。高血圧を治療したい方は、ぜひ参考にして下さい。

ミカルディスとはどんな薬なのか

最近は高血圧などの生活習慣病対策のドリンクが、たくさん発売されているので、スーパーで見かけるたびに購入している人も少なくないようです。ステーキやとんかつなどの脂っぽい食事を好んだり、普段から運動をまったくしなかったり、喫煙の習慣のある人は、高血圧になりやすいので、心臓病や脳疾患、がんなどのリスクを高めてしまいます。毎日バランスの良い食事を摂るようにし、定期的にウォーキングや体操などの運動を行い、タバコやお酒の飲み過ぎをやめれば、自然に血圧が下がり、健康な状態になれるので、40代になったら生活習慣を見直すようにしてください。それでも血圧がなかなか下がらない場合は、ミカルディスを飲むことをおすすめします。ミカルディスは病院でよく用いられている高血圧症の薬で、個人輸入代行サービスからでも入手することが出来ます。血管内のアンジオテンシン受容体に作用し、血圧を高くする物質として知られるアンジオテンシンIIの働きを抑えられるので、血管が収縮するのを防いで、血圧を下げる効果があります。通常は40mgを服用しますが、1日1回飲むだけでOKなので、利用しやすい薬です。血圧を下げる効果があるため、飲んだ後にめまいやふらつきの症状が起こることがありますから、高い所での作業や、車の運転などを行う際は十分注意するようにしたいですね。人によっては、蕁麻疹や頭痛などの症状が起こることがあるので、あまりにもひどい場合は医師に相談し、別の降圧剤に換えてもらうとよいでしょう。もし服用後に、手足のしびれや呼吸困難、顔の腫れ、ショック、意識喪失などの症状があらわれたら、すぐにお近くの病院へ行って、診てもらうようにしましょう。

ミカルディスの働き

高血圧治療の歴史は長く、その治療薬として有用な降圧剤も古くから知られているものが多数あります。しかし、患者数の増加も著しいことから、より有用性の高い治療薬を求めて開発研究が進められてきました。ミカルディスはそういった流れの中で登場した降圧剤として比較的新しいものであり、医療現場においてもしばしば使用されるようになってきています。その基本的な働きとして知られているのがアンジオテンシン受容体と呼ばれる血圧調節にかかわる受容体に対する阻害作用です。腎臓由来の血圧調節系であるレニンーアンジオテンシン系においては、アンジオテンシンと呼ばれる物質がその受容体に作用することによって血圧を上昇させることが知られています。その受容体に対して阻害的に作用することによって降圧作用を発揮するのがミカルディスの基本的な働きとなっています。同様の働きによって降圧作用を示す医薬品が開発されているものの、ミカルディスは近年になってあらためて注目されるようになりました。それは、ミカルディスには他の同種の薬にはない働きがあることが示されてきたからです。その働きとは臓器の保護作用であり、腎臓や心臓などの高血圧によってストレスがかかりやすい臓器に対してかかる負担を軽減する作用があることが臨床的に明らかにされました。その働きを示すメカニズムの解析も進んでおり、PPARγの活性化によってアディポネクチンの分泌を増やすことがメカニズムであると知られるようになってきています。こういった効果があることによって糖尿病患者のように腎臓にリスクを抱える人にとってより有用な医薬品としての立場を確立することができているのがミカルディスです。

通販で買えるミカルディス

高血圧は血圧が高い状態が続いてしまう疾患であり、それ自体には自覚症状がないのが一般的です。しかし、その状態が維持されてしまうことによって様々な合併症を併発してしまうことが知られており、高血圧となった場合には降圧治療を行って血圧を目標値まで下げるということが行われていきます。その根本的な治療が達成されるまでは降圧剤を飲み続けなければならないというのがその治療における辛い点であり、金銭的な負担がどうしても大きくなりがちです。ミカルディスは治療に用いられる降圧剤として有用性が高く、近年では糖尿病患者などのように他の生活習慣病を患っている人には特に重宝されるようになっています。しかし、従来使用されてきた降圧剤に比べると薬価が高いことも事実であり、患者にとって有用な医薬品ではあるものの、金銭的負担を大きくしてしまっていることは否めません。患者にとって少しでも安くミカルディスを手に入れたいというのが事実でしょう。その手段として通販での購入が可能になっています。ミカルディスは医師に処方してもらうことで保険適用で購入することができ、その費用負担は小さくなります。一方、通販で個人輸入する場合には国内の薬価に影響されずに海外市場での価格とその個人輸入代行会社の裁量によって価格が設定されています。そのため、手配先をうまく探し、大量に購入を行えば保険適用で購入するのと同額程度で購入することは難しくありません。そうやって通販を利用することで処方箋を発行してもらうための医療費を削減してミカルディスを手に入れられるようになるため、個人にとっての医療費全体としてみると大きな節約をすることができるようになります。